スイッチが押せない、壊れたとの事でスイッチ交換して困り事を解決!

合同会社ローマ電設のRです!

本日はスイッチが押せず電気が点かないというお問い合わせをいただきスイッチの修理に駆けつけました! 計8箇所のスイッチを交換させて頂いた際の1箇所のお写真や交換手順と線の繋げ方の簡単な解説をしながらご紹介していきたいと思います!

まずは元々あったもののお写真!

一つのプレート(カバー)にスイッチが4個!!

中を開けてみるとー。。

青と黄色の二種類のスイッチがあるのがわかると思いますが、

実は青と黄色のスイッチって性能に違いがるんです!詳細な性能はスイッチ外して裏の接続口を見てみないと確定できませんが

基本的には青のスイッチはBスイッチ(片切スイッチ)黄色いスイッチはCスイッチ(三路スイッチ)と言うものが多い!

もちろん他の種類のスイッチもたくさんありますが一般住宅で主に使われる2種類のスイッチになります!

Bスイッチは(片切スイッチ)はそこの1箇所のみで付け消しに対応しているスイッチ

Cスイッチ(三路スイッチ)は2箇所での付け消しに対応しておりスイッチ 例えば:階段の下と上の2箇所から付け消しできる。大変便利!!

それではスイッチを壁に止めているボックスビスを外して〜(ここまでは無資格の方でもできます!)

ここからの線の接続のし直しは国家資格の電気工事士を持っていない方がやると危険な作業になります!

電線がいっぱいでぐっちゃぐっちゃToT とぱっと見思いますが今回の配線は最低限の線のみですごくわかりやすい結線でした!!

かと言って気を抜いて適当にやっちゃうと絶対間違えるので一本ずつ抜いて、新しいスイッチに差し替えると言う作業を進めます!

新しいスイッチに繋げたら壁に固定してスイッチプレートを付けて、点灯試験したら完成!

スイッチのハンドル(ボタンカバー)を釣り付けた後のお写真撮り忘れてしまいました--;

以上2連スイッチの交換でした!

やはりスイッチが使えないと言うのは大変不便なことであってスイッチの故障による照明器具の不点灯に繋がります。。

もちろん照明がつかない時は必ずしもスイッチが悪い!と断定はできませんが、基本的に照明器具はお客様ご自身でも交換できる場合もありますがスイッチになるとそう簡単にはいかない場合がほとんど。。。

そう言う時は是非とも合同会社ローマ電設にお問い合わせしてみて下さい!お客様第一に思い、千葉県全域にて出来る限りの料金目安を事前にお電話にてお伝えした上でや最短の日程でのご案内を心がけてます!

それでは最後までの観覧ありがとうございました!

 

【電話】 050-8881-8119
【電話受付】 8:00~20:00(施工対応は24時間OK)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 柏市~千葉市を中心とした千葉県と近隣エリア


一覧ページに戻る