6.3kw新品エアコン取り付け、室内と室外カバーも設置『千葉県印西市牧の原』M様

ご覧頂き、ありがとうございます!
ローマ電設工事担当の大塚です。
本日の工事は千葉県印西市のお客さま宅での6.3kwエアコンの取り付け工事になります。
 現場はこちらになります。

 今回は室内側、室外側ともに配管カバーの新設も行います。
 元々取り付けきていた際の壁のネジ後が出ないように注意しつつ室内機を据え付けします。
 室内機の位置が決まったら次に室内カバーの施工を行います。
 曲がりが3箇所あるので配管の折れを気をつけながら形を作って収めます。
 室内の施工が完了してので室外に移ります。
 室外機側は配管穴のすぐ下に通気口が設けられているので、継手を使って通気口を避けて室外カバー、配管を納めます。
 最後に室外機へ接続、真空引きをして試運転に移り、作業は終了となります。

 室内、室外カバーの取り付けは外観の良さだけではなく配管や電線の保護にもなるので、テープ巻きより配管の劣化を大幅に遅らせられるメリットがあります。
 今回のエアコンは家庭用エアコンの中でもかなり大型のものなので、配管の太さも一回り大きいサイズになります。
 配管の折れや締め付けトルクには特に気をつけて施工しました。
 価格は少々張りますがこのサイズのエアコンになるとパワーも充分にあるので、お部屋の中がかなり冷えておすすめです。
 ローマ電設ではエアコン工事、電気工事等々随時お受けしておりますので、お気軽にご相談下さい!
 最後まで読んで頂きありがとうございました!

現在 受付中 です

 


一覧ページに戻る