エアコン入替工事、集合住宅の賃貸アパート『千葉県千葉市稲毛区』

本日は、千葉県千葉市稲毛区の方で、エアコンの入替工事をご依頼いただきました。
今回のお客様からは、エアコン自体は普通に稼働するが、水がたまに漏れてきてしまうので、エアコンを新品に変える際に、水漏れをしないようにして欲しいとのご相談がありました。
エアコンの室内機からの水漏れの原因として大きいものが、室内機本体を設置する際の勾配不足があります。
エアコンの室内機のドレン盤と呼ばれるものに排水が流れる仕組みになっているのですが、取り付けを行う際に配管穴(室内から室外に通す穴)に向けて、勾配をつけ、水の流れ道を作らなければいけません。他にも原因はいくつかありますが、これが水漏れに多い原因になっています。
こちらが今回交換するエアコン
 

右横だしと呼ばれる施工方法になっており、エアコンの右側に室内カバーがついているのが分かります。今回の水漏れの原因も、この横だしをして穴に向かう際に勾配が逆勾配になってしまっているのが原因でした。
こちらが施工後の写真

ほんの若干ですが、室内カバーよりも少し上にエアコンを取り付けさせていただき、勾配をつけることで水漏れ等の原因も無事、解決することができました。
弊社では、経験豊富なスタッフが多数在籍しておりますので、様々な問題のある現場にも対応することができます。
また、もし何か気になる点がございましたら、いつでも弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
本日もたくさんのご依頼をいただき、ありがとうございました。

現在 受付中 です

 


一覧ページに戻る