エアコンの「ポコポコ」や「トントン」という音がする原因『千葉県船橋市前原西』

 

 

本日は千葉県船橋市前原西のマンションで、エアコンの入替工事のご依頼をいただきました。
弊社では、工事をさせていただく前に、お客様の要望に少しでも多く答えられるように、事前予約の電話と現地を直接拝見させていただいた際にしっかりとしたヒアリングを行っております。
今回のお客様からは、現地の方で、「エアコンからポコポコとかトントン音がする」との相談を受け、通常の入替工事と合わせて、排水ホースに「エアカットバルブ」というものを取り付けさせていただきました。
なぜ、エアコンからそういった音がするかというと、エアコンが壊れている訳ではなく、密閉(窓などを閉め切った)状態で台所等の換気扇をつけると唯一外と繋がっているドレンホースと呼ばれるエアコンの水を排水するパイプ内より、外からの空気が入ってしまうことによって音がしてしまいます。最近のマンションやアパートだと、構造的に密閉度が高く作られているため、外との気圧差が起こりやすい傾向になっております。
ポコポコ音の解決方法として今回取り付けさせていただいた、エアカットバルブですが、ドレンホース内の逆流する空気を防いでくれるものになっています。また、虫が入ってくることを防いだり、冬場に冷気が上がってくるのを抑える効果もあるので、つけておくととても便利です。
今回取り外したエアコンがこちら
 
今回取り付けたエアコンがこちら
 
今回ご説明させていただいたエアカットバルブがこちら

本日もたくさんのご依頼をいただき、ありがとうございました。

現在 受付中 です

 


一覧ページに戻る