中古エアコン取り付けの罠、注意点完全網羅

いつもご覧頂きありがとうございます。

今回は中古エアコンの取り付けをご依頼される際の注意点をご紹介させて頂きます

 


エアコン工事の詳細ページ
              クリック👆

 

 

配管の新設

まず前提として中古エアコンを取り付ける際は新規で冷媒管を取り付ける必要がございます。

理由としては古いものを使用してしまうと、ガス漏れや配管折れのリスクが格段に上がり、工事会社では保証がお付けできないので
よほどのことが無い限り新規の配管が必要になります。

エアコンメーカー様が交換を推奨しているのもそのためです。

 

そして問題はここからです。

相見積もりサイトやポータルサイトではこちらの配管料金が提示されていない場合が多くあります。

そしてお問い合わせの段階で配管費用をお伝えせず
現地にて作業前に伝えられる事が殆どです。

そのため事前に用意した金額では足りないケースがしばしば見受けられます。

 

詳細な金額を知る方法

そんなの現地見積もりをお願いすれば良いのでは?とお思いの方
最近では現地でのお見積もりに費用が発生してしまう事が殆どです。

仮にお見積もり費用が無料の場合でも業者としてはお見積もり事に発生した
人件費や雑費などを回収しないといけない為
必然的に基本料金やオプションの費用が他社より高くなってしまう傾向にあります。

ではどうすればお安く工事ができて詳細な料金が分かるか?

答えは簡単です。

お見積もりサイトなどを使用せずに
エアコン工事を手掛けている会社のお問い合わせフォームに連絡をしてしまえばいいのです。

詳細な状況をお伝えし現地のお写真などを送ってしまえば
業者としても状況を把握できるのでより詳細な料金をお伝えする事ができます。

無駄な人件費も削減できるため工事もお安く提供でき
WIN、WINの関係が築けます。

これは中古エアコンに限らずどの工事に対しても使えます。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

相見積もりサイトやポータルサイトに問い合わせると

価格競争により見積もりの全容を見せない場合が多いため

やはりご自身でお電話などで安心できる業者をお探し頂くのがベストですね。

もうすでに夏期に突入しているためエアコン工事のご依頼はお早めに!


エアコン工事の詳細ページ
              クリック👆

現在 受付中 です

 


一覧ページに戻る